C CHANNEL

早稲田大学商学部 / アメリカのスタートアップでUI/UXデザイナー / 英語を教えるYouTuber / Huffington Post Japanで動画エディター

本気でアジアNO.1の動画サービスを狙うプロセスを楽しみたい

Q1.入社のきっかけは?
日本では「女子はかわいくあるべき」という価値観が海外と比べてはるかに大きく、そういったメッセージを打ち出すメディアも多いなか、C CHANNELでは「努力する女子は美しい」「かしこい女子は魅力的」という文化を創り、それをマスに広げていける可能性があると思ったからです。また、会社規模が大きくなる前にジョインして、本気でアジア1の動画サービスを狙うプロセスを楽しみたいと思ったからです。

Q2.C Channelで何を担当していますか?
どうしたらユーザーファーストで、C CHANNELをスケールさせられるか日々考えています。撮影や編集、出演や構成書きもしますが、メディアとしての全社戦略やプラットフォームとしてのマネタイズコンテンツも考えています。基本的にアイディアをどんどん出してそれをグロースさせて、またアイディアを出して、を繰り返しています。

アジアの女の子たちが情報を得ることで自由になれる場所、知識を共有することで自立できる場所をつくりたい

Q3.将来のビジョンは?
アジアの女の子たちが情報を得ることで自由になれる場所、知識を共有することで自立できる場所をつくりたいです。動画を通したコミュニケーションが活発な文化を創りたいです。

Q4.C Channelで一緒に働いてみたい人はどんな方ですか?
人を愛する気持ちが大きく、ユーザーさんの気持ちを想像できる人。夢が大きく、努力することが好きな人。変化を恐れない人。仕事後に一緒に飲みに行っても、ついつい楽しくて新しい企画や戦略案を話し始めちゃうような人たちと、本気でC CHANNELを大きくしたいです。

we want you

WANTEDLYエントリーフォームにリンクします。

JOBS