C CHANNEL

大学時代にiPhoneと出会いプログラミングにのめり込む。その後、ゲーム、スマートフォンアプリケーション、ウェブサイト、組み込み機器など様々なプログラミングを経験後、現職。

ぼくはC Channelにある「他事業×IT」の可能性に惹かれた

Q1.入社のきっかけは?
個人事業が好調で、代表の森川に法人化を相談をしたとき、逆にスカウトされました。ちょうどC Channelを立ち上げるタイミングだったんですね。映像業界に携わっていた方など、入社予定メンバーと話していくうち、C Channelの可能性に面白みを感じ、参画を決めました。

Q2.C Channelで何を担当していますか?
開発のマネージャーです。主に開発案件の統括、エンジニアの採用、社内調整など行っています。元々はC CHANNELのiOSのアプリとカメラアプリの開発、アプリのディレクターを担当していました。

世界水準の技術力を備えた開発チームを作りたい

Q3.将来のビジョンは?
世界水準の技術力を備えた開発チームを作りたいです。また、エンジニアそれぞれが裁量権を持って、やりがいや楽しさを感じながら働ける労働環境作りに取り組んでいます。

Q4.C Channelで一緒に働いてみたい人はどんな方ですか?
難題や、前例のない課題にも前向きに挑戦する意欲のある方と一緒に働きたいです。

we want you

WANTEDLYエントリーフォームにリンクします。

JOBS